G2「第50回東京盃」が22日、大井で行われ、4番人気ドリームバレンチノが快勝。14年11月のG1・JBCスプリント(盛岡)以来、5度目の重賞Vを決めた。

 道中は後方で脚をため、4角8番手。直線大外から2馬身突き抜けた。9歳古豪が約2年ぶりの白星で健在ぶりをアピール。岩田は「久しぶりの勝利に馬自身びっくりしているんじゃないかな。この馬のリズムで自分のペースを守って末脚に懸けた」と笑顔で振り返った。優先出走権を獲得したJBCスプリント(11月3日、川崎1400メートル)で2度目の制覇を狙う。

 ◆ドリームバレンチノ 父ロージズインメイ 母コスモヴァレンチ(母の父マイネルラヴ) 牡9歳 栗東・加用正厩舎 馬主・ライオンレースホース 生産者・北海道新冠町ビッグレッドファーム 戦績47戦12勝(南関東7戦1勝) 総獲得賞金4億8479万8000円。