◇大相撲秋場所12日目(2016年9月22日 両国国技館)

 前日に痛恨の2敗目を喫した日馬富士は大関・琴奨菊を一蹴し、連覇へ望みをつないだ。すぐに左下手を取り、回り込みながらの下手投げで瞬殺。「今日の一番に集中した」と敗戦ショックを引きずることはなかった。

 13日目は2差をつけられている豪栄道が相手。絶好調の豪栄道については「俺がどうのこうの言うことじゃない」とコメントを避けた。だが、全勝街道を行く相手に土をつければ何が起きてもおかしくない状況となる。白鵬不在の中で、優勝経験のない大関に早々と優勝を決めさせるわけにはいかない。日馬富士にとっては絶対に負けられない一番となる。

 12日目終了時点で2差を逆転したのは、67年九州場所の佐田の山、99年初場所の千代大海、05年秋場所の朝青龍と3度ある。「あと3日間ありますから。一日一番集中して」。可能性を信じて、自分の相撲を取り切る。