◇パ・リーグ オリックス3―5西武(2016年9月22日 京セラD)

 オリックス先発・金子が6回7安打5失点で8敗目を喫した。立ち上がりから持ち味の制球力を欠き、味方が同点に追いついた直後の4回に3失点。

 「波に乗っていきたいところで先頭打者を出塁させて…。気持ち的にもうまくいかなかった」。負け数が1つ先行し、1軍登板のなかった05年を除き、キャリア初のシーズン負け越しのピンチとなった。次回登板予定は本拠地最終戦の今月29日楽天戦。「個人的にも勝ちたいし、ファンのためにも勝って終わりたい」と意気込んだ。