大宮が25日の鳥栖戦(NACK5、午後5時開始)で手話による応援を実施する。

 「サッカー応援も、ノーマライゼーション」を合言葉に、障がいのある人も、ない人も一緒にスポーツを楽しむことを目的に、2006年から実施、今回で8度目になる。

 手話応援は応援歌に合わせて歌詞を手話で行うもので、試合中に何度か実施する。アウェーの応援席を除いてスタジアム全体で実施予定だ。手話応援実行委員会のメンバーら約1500人がサッカー観戦を通じて手話に触れ合い、手話によりスタジアムがひとつになる。