大相撲初場所6日目は13日、東京・両国国技館で行われ、横綱白鵬は隠岐の海を寄り倒し、大関稀勢の里は正代をきめ出しでそれぞれ下し無傷の6連勝を飾った。

 先場所優勝の横綱鶴竜は荒鷲の一方的に寄り切られて3連敗(3勝)で連覇が厳しくなった。日馬富士は玉鷲を寄り倒して4勝目。

 大関陣は琴奨菊がこれまで2横綱を破っている御嶽海に寄り切りで敗れ、照ノ富士は栃煌山を引き落として2勝目、豪栄道は松鳳山を寄り切って4勝目を挙げた。

 平幕は佐田の海が新入幕の貴景勝に、蒼国来は千代の国に、貴ノ岩は北勝富士にそれぞれ敗れ初日から5連勝でストップした。