◇ノンタイトル8回戦 別府優樹 引き分け チャールズ・ベラミー(2017年1月13日 後楽園ホール)

 日本ウエルター級7位・別府優樹(25=久留米櫛間)のプロデビューからの連続KO勝利が14試合でストップした。

 浜田剛史(帝拳)と渡部あきのり(角海老宝石)が持つ日本記録の15試合連続KOに挑んだが、元日本・東洋太平洋スーパーウエルター級王者のベラミーを相手に三者三様の引き分け。KO負けがないベラミーに武器のフックをしっかりガードされてダウンを奪えず、後半は逆に下がる展開を強いられた。

 KO記録と連勝が途切れて「素直に残念」と肩を落とし、「正直、負けたと思った。負けなかったことだけプラスに考えて練習する」と出直しを誓った。