広島の野村が東京都府中市にある母校の明大グラウンドで自主トレを公開。今季は先発陣のキャプテンを任され「一生懸命、がむしゃらな姿で引っ張っていきたい」と抱負を語った。

 昨季は最多勝と勝率1位の2冠に輝く一方で、完投は1、投球回数も152回2/3にとどまった。課題は百も承知で「終盤を任せてもらえる投手」を目標に直球の質の向上に取り組んでいる。

 3月のWBCに出場する侍ジャパン入りを望んでおり、WBC公式球でキャッチボールを行い「どういう状況でも対応できるようにしている」と話した。