J2名古屋の風間八宏新監督(55)が13日、愛知県豊田市内で就任会見に臨んだ。昨季までの5年間は川崎Fの指揮官として華麗な攻撃サッカーを展開してきたものの、前クラブのスタイルと“決別”することを宣言。新たな「グランパスサッカー」を作り上げ、1年でのJ1昇格を目指す。

 会見の最後に発した言葉が全てだった。多くの指揮官は就任会見で具体的な目標や戦術の一端を披露するのに、風間新監督は一貫して抽象的な言葉に終始。その意図は最後に明かされた。

 「過去は何の負債にもならないし、貯金にもならない。これから作り上げていく。先入観は持たない。理想のサッカーは選手が作り上げるもの」

 川崎F時代はポゼッションサッカーで昨年はリーグ最多の68得点を叩きだした。中盤にはJ屈指の司令塔・中村や大島、FWには3年連続得点王の大久保がいた。だが名古屋には中村も大久保もいない。「選手が変わればサッカーも変わる。1人で11人抜いてくれてもいい。空中だけでサッカーをするかもしれない」と極論を展開。名古屋の特徴を活かした、川崎Fとは違うサッカーを作り上げていく意気込みを示した。

 「外で見るのと手元で置いて見るのでは違う。全選手の頭の中の引き出しを開けていきたい。未来を見据えてやるのは好きじゃない。今、どれだけ全力でやれるか。それで明日が変わる。初日から選手が最も伸びる環境を作るのがボクの仕事。大きな目標を作るのは、ボクの仕事ではない」

 東京五輪監督候補とまで言われた名将は「この土地は力が隠れている」と名古屋の潜在能力に魅力を感じている。1年でのJ1昇格やJ2優勝など具体的な目標や、威勢のいい決意表明は一切なし。クラブの力を100%発揮させることができるなら、すべては通過点になる。