富士ゼロックススーパー杯(2月18日、日産ス)に向けた会見が都内で行われた。

 昨季リーグと天皇杯を制した鹿島と、リーグ2位の浦和が対戦。新シーズンの幕開けを告げる重要な一戦の“前哨戦”で、鹿島のDF伊東が、浦和のDF遠藤に完敗した。

 昨季はリーグ、チャンピオンシップで計4回対戦して2勝2敗。伊東は報道陣から相手チームの印象を問われたが、昨季の浦和戦に一度も先発しておらず「…」と沈黙。遠藤から「おまえ、出てないもんな」と突っ込まれた。会見を視察したA代表の手倉森コーチは「先制点は(遠藤)航が取ったな」と解説。伊東は「今年は全てのタイトルを獲りたい」とピッチ上での巻き返しを誓っていた。