ダート1200メートルで行われた中山4R、牝馬限定の新馬戦は10番人気クーリュ(石毛、父ゴールドアリュール)が3番手から直線早めに先頭に立って、そのまま押し切った。吉田隼は「返し馬からバネがあっていい馬だと感じていた。4コーナーで外から被せられてからもグンと加速してくれた」とパートナーの頑張りを称えていた。