中山6R新馬戦(芝1600メートル)は1番人気のスカルバン(牡3=武井、父タイキシャトル)が順当V。序盤から掛かり気味に好位を追走すると4角過ぎで先頭へ。最後は外から迫る2着馬を首差しのいでゴールした。「力はあるけど0か10かという馬なのでこれからコントロールを覚えていければ」と吉田隼。武井師は「次は東京で自己条件の1400メートル。現状は折り合いさえ覚えればマイルでもという感じです」と説明した。