「第54回愛知杯」(G3、芝2000メートル・小雪・やや重)は14日、中京競馬場11Rで行われ、岩田騎手騎乗の1番人気、マキシマムドパリ(牝5=松元厩舎、父キングカメハメハ、母マドモアゼルドパリ)が差し切ってV。勝ち時計は2分1秒4。

 マキシマムドパリは序盤から中団付近を追走。最後の直線で軽快な末脚を披露し、前を行くサンソヴール、クインズミラーグロなどをまとめて豪快に差し切った。

 1馬身1/2差の2着がサンソヴール。大接戦となった3着には2着と1馬身差でクインズミラーグロが入った。

 マキシマムドパリは初の重賞制覇。通算戦績は19戦5勝。