今秋ドラフト候補の東大・宮台宮台康平投手(3年)が14日、東京都文京区の東大球場で今年の初練習を行った。ネット裏ではヤクルト、DeNA、ソフトバンク、西武、オリックスのスカウトが視察。東大では超異例といってもいい、年明けの始動日にプロ5球団が集結したことに宮台は「すごいありがたいこと。ただ、あまり気にせずにその日やるべきことをやるだけ」と話した。

 左肩痛からの復帰を目指す最速150キロ左腕。この日は30メートルほどの距離で約80球のキャッチボールを行うなどした。ヤクルトの橿渕聡スカウトは「ずっと追いかけていきたい投手の一人。一番はストレート。直球で空振りが取れる。逃げずにどんどん向かっていくハートも魅力」と話した。