夏の市場が終わってまだ1ヶ月も経っていないが、FCバルセロナは既に近い将来の明確なターゲットを定めている。
エクトル・ベジェリンだ。

このアーセナルのサイドバックの名前がアスルグラナ内で挙がるのは初めてではないが、状況はここ数週間で変わった。
その状況はルイス・エンリケとロベルト・フェルナンデスに彼の獲得に動くことを義務付けている。
実際に獲得のチャンスは存在するが、今後数週間に実現させる必要がある。

バルサのSDロベルトは既に5月末に個人的にベジェリンとコンタクトを取っており、アスルグラナの関心を伝えて、カンプ・ノウに復帰するためにアーセナルを離れる意向があるのか探りを入れていた。

ヨーロッパのビッグクラブの様々なオファーにも耳を貸さないガナーズの姿勢、トップレベルのオファーを提示することができないバルサの資金不足、そしてアレイクス・ビダルの成長を評価するための猶予として彼に2シーズン目のチャンスを与えるというルイス・エンリケの意志によってベジェリン獲得のための調査はそれ以上、行われなかった。

それから4ヶ月後、状況はかなり急激な変化を要している。
現在、バルサはどんでん返しを狙っている。

バルサのスポーツ部門は攻撃的な特徴を持ち、長期的にサイドに落ち着きをもたらしてくれる若手右サイドバックを望んでいる。

間違いなくアレイクス・ビダルはこの要件を満たしていない。
セクレタリア・テクニカ(技術事務局)は市場に存在する可能性を分析した結果、完璧な候補としてベジェリンをマークすることで満場一致した。
弱冠21歳という年齢や将来性を考慮すると、ベジェリンは彼のポジションにおけるNo,1だと考えられている。

そして、交渉を加速させなければならない理由は、アーセナルがエクトルの契約内容を改善し、契約期間を延長する意向を持つためだ。
“ガナーズ”の交渉責任者リチャード・ロウは既に今年の10月にエミレーツが気にかけている契約更新を締結させる意向を表明している。
クラブはアレクシス、エジル、そしてベジェリンという3人の大黒柱の将来を囲うことを望んでいる。

これ以上、評価のための時間はない。テクニカルスタッフ達はベジェリンを望んでいるが、市場に出るのは彼が契約更新のオファーを拒否した場合のみとなるだろう。
その場合、アーセナルはリーズナブルな価格でシーズンの終わりに彼を売却しなければならない事を理解している。

もしエミレーツの囲い込みが現実のものとなる場合、彼の獲得はほぼ不可能となるだろう。