マンチェスター・ユナイテッドのサポーターがSNS上に掲載したコメントが反響を呼び、リバプールが公式ツイッターでコメントを返すまでに及んだ。

ユナイテッドのサポーターがツイッターを通じてリバプールのチェルシー戦での勝利を次のようにからかった。
「ありがとう、リバプール。我々の数少ないライバルを倒してくれて。君らのおかげで6位を目指す我々の戦いに、新たな勝ち点3が加わった。」

しかし、このコメントの後に敵地ワトフォードでユナイテッドは3-1で敗北するという憂き目を見た。この試合の数分後にリバプールは公式ツイッターを通じ例のサポーターのメッセージに「Delete(消せ)。」と一言コメントバックした。

この回答は16,000人以上の人々によってリツイートされ、SNSがサッカー界に与える影響の大きさを物語った。また同時に、このようなコメントの応酬の意義についての議論が起こった。

「なぜリバプールはこのようなことをしたのか?私ならこんなリアクションはしない。もししたなら自分を恥じているだろう。」と元ユナイテッド所属のガリー・ネヴィルは語っている。