マリオ・バロテッリの代理人ミノ・ライオラの“Daily Mail”のインタビューでの発言が再び物議を呼んでいる。インタビューの中でマンチェスター・シティを離れたことは大きなミスだったと明らかにした。

ライオラは、もしニースでバロテッリが復調を見せれば、来シーズンは再びプレミアリーグに戻ると語っている。

「私が彼をマンチェスター・シティから離れさせるべきではなかった。あれは私の大きな過ちであり、マリオは満足していなかったが、我慢させる必要があった。仕事が嫌いか?大人になれ、前進するしかない。」と伝えるべきだったとライオラは語った。

しかし、最も衝撃的なライオラの告白はバロテッリについてだ。
「私は彼に対して冷酷になるべきだったが、優しくなりすぎてしまった。その当時、バロテッリは愛を求めていたが、もっと自分中心になるべきだった。食べて、寝て、SEXをして、サッカーをする。それ以外を求めるべきではなかった。」

また、「彼にとって彼女や妻ではなく、サッカーが最優先であるべきだった。トップアスリートになるためには、11年、12年を犠牲にし、蓄えを作らなければならない。そして、その後に自分の求める生活を送ることができる。パベル・ネドベドが私の選手達の中では良い例の1人である。彼は成功のために一意専心し、家族を大切にする男の好例である。」と付け加えた。

ライオラはクロップについても言及し、「彼のバロテッリに対する態度は本当にひどかった。バロテッリを人間として扱っていなかった。しかし、もしニースで良い結果を残せれば、プレミアリーグに戻ることもできる。」と語った。バロテッリの移籍金はゼロであり、誰もが欲しがるストライカーになるだろう。