SPORTのインタビューでFCバルセロナの副会長、ジョルディ・メストレはアスルグラナのカンテラの状況について話し、現在のモデル(規準)を分析した。

「モデルに危機が存在するというのは公正ではないだろう。特にこの育成サッカーに精魂込めて数年間を過ごしている人々からはね。。。それにクラブは毎年、2,000-2,500万ユーロ(約22億7,000万円-28億4,000万円)を下部組織に充てているのだから。そのお金で我々は新たな選手を獲得したり、既に所有している真珠達が出て行くのを防ぐことができることを考えて欲しい。」
メストレはSPORTにそのように話した。

現在、最も話題に上がっている名前の1つはベジェリンである。
そして、メストレはモデルの維持に関して彼のケースを例として使った。
「もし我々が育成年代の少年のために巨額のお金を支払わないといった下部組織の予算に関する規準を破っていれば、ベジェリンが去ることはなかっただろう。」

そしてメストレはイ・スンウに関して彼らが行った例外について語った。
「彼は多くの、本当に多くのオファーを受けていた。そして、我々は彼を失いたくなかった。これらの事について話す時、最後の決定権は彼の両親にあり、クラブではないとは言えどね。スポーツ面において正当と認められるという条件の下、我々は今シーズン、再び例外措置を取る可能性がある。」