アトレティコ・マドリードのストライカー、アントワーヌ・グリーズマンは既に今週水曜日にカンプノウで開催されるFCバルセロナ戦について考えている。
スポルティング・ヒホン戦で2ゴールをあげたアトレティコ・マドリードのピチチは5年前から付き合っているパートナーのエリカ・チョペレナと一緒に幸せそうに写っている写真をSNSにアップした。

その写真にはグリーズマンがバーベキューのためのトングを手にしている姿を確認することができる。
その写真には「家での初めてのバーベキュー」というテキストが添えられている。

グリーズマンと彼のチームメイト達は今シーズンのリーガ・サンタンデールの最初のビッグマッチを迎えるために素晴らしい状態にあることを理解している。

レガネスと引き分けた開幕戦終了後、このフランス人ストライカーは「もしこのようなプレーを続ければ、自分達は残留争いをすることになる。」とチームに対して批判的なコメントをしていたが、現在は誰もそれを覚えていない。
誰もがFCバルセロナとの一戦について思いを巡らしている。