アンドレス・イニエスタがバルセロナでの20周年目となるシーズンのスタートを喜んでいる。

1996年9月16日、FCバルセロナでの自身のストーリーを作るためにラ・マシアに移り住んだが、その物語は未だに終わりを迎えていない。イニエスタはアスプルガズ・ダ・リュブラガートにある自宅にホセ・ラモンを招待し、自身の20年に亘る人生についての独占インタビューに応じた。

自身の父親ホセ・アントニオまでをも巻き込んだインタビュー中、イニエスタは無くなることのないラ・マシアへの愛を語った。
「ラ・マシアは自分にとって家であり、現在の自分が作られた場所である。家族である。常にみんな一緒で、親に教えられたこと全てがさらにラ・マシアで肉付けされた。」

イニエスタは自身の家族を離れた最初の1ヵ月間の辛さも包み隠さず話すのと同時に、全てにその価値があったと説明した。