ルーカス・シウバは試練の時を過ごしており、まだ完全に回復したわけではない。同選手はスポルティング・リスボンへのローン移籍直前のメディカルチェックで不整脈の心臓疾患が見つかったため、それは破談となった。それ以降、この健康上の問題によりサッカー選手としてのキャリアを中断せざるを得なくなっていた。

そして、今回トレーニング再開を自身のツイッターで報告した。

また、ブラジル人MFのルーカスはバルデベバスに戻ってこられたことに非常に満足していると語った。しかし、ジネディーヌ・ジダンの構想には入っていない。というのも、スポルティング・リスボンへの移籍が合意に至っていたため、レアル・マドリードでの登録が行われていないのである。それ故に、まずレアル・マドリードが彼についての対応を決める前にレアル・マドリードのチームトレーニングに戻る必要がある。