バルサの3人のフットボリスタ達の息子達は“FCBEscola”の初日にデビューする。

レオ・メッシは既に3歳の彼の息子のチアゴが、低年齢層の子供達にサッカーの基礎を教えるために始動するクラブのプロジェクト、“FCBEscola”に挑戦することを口にしていた。
そして今週月曜日、チアゴはスクールの生徒としてデビューした。

彼だけではなく、スアレスとピケの息子のベンハミンとミランもミニ・エスタディに隣接した施設で同スクールに参加した。

レオ・メッシは少し前にアルゼンチンで受けたインタビューで彼の息子、チアゴがサッカーをプレーすることにそれほど夢中になっていない事を打ち明けたが、少なくとも“FCBEscola”を通してサッカーに触れさせてみるようだ。

実際、チアゴ・メッシはクラブ・ブラウグラナが最も低年齢のカテゴリーのために開始するパイロット・テストに参加する最初の子供達の1人となる。

オスカル・グラウの後任者、フランク・カルボが統率する“FCBEscola”は3歳から5歳の子供を対象にパイロット・テストをスタートさせる。
FCBEscolaが元々持つカテゴリーへ進む前に多くの子供達が第一歩を歩み始めることができるプレスタートのカテゴリーである。

「僕は彼にそんなにボールは買わないし、無理にプレーさせようとも思わない。なぜなら、彼はあまりボールに興味がないようだからね。ことの成り行きを見守ろう。もし彼が熱中するならば、それは良いスタートになるだろう。」
アルゼンチンの道化師、ミンゴとのインタビューでメッシはそのように語った。

このプロジェクトはクラブ・ブラウグラナの5つのプロフェッショナル部門に加えて、クラブ職員の全ての息子と娘のために開かれている。
既にクラブの一員として彼らにバルサのDNAを植え付け始めることが目的である。