元FCバルセロナのサンドロ・ラミレスとモロッコ人エン・ネスティリがマラガに今季リーグ戦初勝利をエイバル戦でもたらした。この勝利により、2敗2分という結果によるファンデ引きいるチームに対するマラガファンの不安も落ち着くだろう。

開始から40分過ぎまで、お互いに有効的な攻撃ができず、ただボールがそれぞれのピッチを行き来するだけであり、特に大きなチャンスもなかった。
また、ホセ・ルイス・メンディバル監督が2試合の出場停止処分を受けているため、イニャキ・ベアが指揮を取った。

試合が動いたのは前半残り4分になってからである。
乾が左サイドからクロスをあげるとナノがカメニの牙城を崩し、先制点をあげた。(0-1)

しかしその3分後、サンドロ・ラミレスがエリア内で左足一閃、同点ゴールをあげ、ラ・ロサレーダスタジアムに落ち着きをもたらした。これがサンドロにとってマラガでの初ゴールとなった。(1-1)

そして、後半マラガのパフォーマンスは大きく改善された。特に機能していなかったシャルレスに変わり、残り時間約25分でエン・ネスティリが投入されて以降、非常に良くなった。

投入されてから10分後、弱冠19歳のネスティリが右サイドでパスを受けると、ペナルティエリアの角からカーブをかけ、ゴールファーサイドに突き刺しマラガが逆転する。(2-1)
エイバルにとってはアドリアンが2つの決定機をミスしていただけに悔しい敗戦となった。



【先発出場】
■マラガ
GK
カメニ

DF
ロサレス
ジョレンテ
コネ
カルロス(32分:ミゲル・トーレス)

MF
カマーチョ
クズマノヴィッチ(83分:パブロ・フォルナルズ)
ファンピ

FW
カストロ
サンドロ
チャールズ(67分:アン・ネシリ)

■エイバル
GK
リエスゴ

DF
フンカ
ドス・サントス
ルジューヌ
アルビジャ(81分:カパ)

MF
エスカランテ
フラン・リコ

ホタ(67分:ペドロ・レオン)

FW
アドリアン
ナノ(64分:セルジ・エンリク)