最近のダービーに続いて、歓喜は再びセビージャに訪れる。
メルカドの1ゴールがサンチェス・ピスフアンに熱狂を引き起こし、ダービー特有の緊張や高いインテンシティーが感じられる一戦となった。

小競り合いが発生するのに1分もかからなかった。開始42秒でベティコのペトロスとセビージャのイボラの衝突から両チームの選手達がサイド付近に集まる事態に。

審判エストラダ・フェルナンデスは忙しい一日となった。
17分にはブルーノのビエットに向けた非常に高く足を上げたチャージを理由に再び小競り合いが生じる。ほとんど顔を蹴るようなそのプレーにセビージャベンチは飛び出し、ベルディブランコのそのプレーをとがめた。

試合内容で見ると、前半は非常に乏しい内容となったが最大の決定機はセビージャに訪れた。
ビエットがサイドでブルーノからボールを奪取し、そのままドリブルでゴールに向かったが、シュートは惜しくもDFに阻まれる。

0-0のままハーフタイムを迎えると、ホルヘ・サンパオリは後半開始と共に攻勢に出る。
51分にナスリの蹴ったフリーキックからメルカドが頭というより背中で合わせたシュートでセビージャが先制。(1-0)

しかしベティスはすぐに反撃に出る。
ルベン・カストロの存在しないオフサイドを取ったアシスタントレフェリーのミスにより、グスタボ・ポジェットのチームはアレックス・アレグリアの同点ゴールを取り消される。

セビージャはその後、攻勢に出るベティスが後方に残したスペースを活用して試合を決定付けることはできなかったが、セルヒオ・リコの守るゴールを脅かされるシーンもなかった。

85分に新たな小競り合いが起きたが、試合の流れが変わることはなく、サンパオリのチームは熱いダービーマッチを勝利で終わらせる術を知っていた。



【先発出場】
■セビージャ
GK
セルヒオ・リコ

DF
マリアーノ
パレハ
メルカド
エスクデロ

MF
エンゾンジ
イボラ(70分:サラビア)
ナスリ
フランコ・バスケス(77分:クラネビッテル)
ビトロ

FW
ビエット(カルロス、87分)

■レアル・ベティス
GK
アダン

DF
ピッチーニ
ブルーノ
ペッセラ
ドゥルミシ(ムソンダ、70分)

MF
ペトロス
ブラサナク(セバジョス、61分)
ホアキン(ドンク、82分)
フェリペ・グティエレス

FW
アレックス・アレグリア
ルベン・カストロ