レオ・メッシが水曜日にカンプ・ノウで行われるFCバルセロナ対アトレティコ・マドリード戦の前の午後を家族サービスに当てた。

メッシはパートナーであるアントネッラ・ロクッソと共にカステイダフェルスにある学校に子供達を迎えに行き、チアゴとマテオとの時間を楽しんだ。

とてもリラックスした様子でメッシは子供達と遊び、学校の出口ではチアゴを肩車してさえいた。

また、もう一人の息子であるマテオともアントネッラが見守るなか、幸せそうに遊んだ。
アルゼンチン対ベネズエラ戦を欠場する原因となった怪我も癒え、土曜日のレガネス戦(1−5)で2ゴールを決めたように自身の好調を楽しんでいる。

そして、プロとしてのキャリアをスタートさせてから2番目に多くゴールを決めている相手であるアトレティコ・マドリードとの試合でのゴール数をさらに伸ばしたいとメッシ考えている。(合計25ゴールをアトレティコ・マドリード戦で決めている。)