FCバルセロナの元選手ロナウジーニョはサッカーの歴史上最も偉大な選手の一人だ。
ブラジル代表やFCバルセロナを牽引した功績だけではなく、ロナウジーニョはパーティ大好き人間としてもその名が知られている。

FCバルセロナ入団前に所属していたPSGの元同僚であるジェローム・ルロワは次のように語る。
「ロナウジーニョは全く練習をしていなかった。そして、金曜に急に登場して土曜に試合に出ていたんだ。ロナウジーニョはそういう奴だ。」

レロイは以前にも週刊誌“So Foot”のインタビューで以下のように語っている。
「午前中にサングラスをかけて登場し、ユニフォームに着替えるとそのままマッサージルームに寝に行くんだ。彼のような天才は少し頭がおかしい。何をやっているのかよくわからないんだ。」

「ロマーリオのようになろうとしていたと思う。彼も毎晩夜遊びしていたが成功を収めた。」とレロイはコメントした。