マンチェスター・ユナイテッドのスター選手だったウェイン・ルーニーへの風当たりが強くなっている。
ルーニーがジョゼ・モウリーニョの次の犠牲者としてクラブを追い出されるのではないかという憶測が飛ぶ。

モウリーニョ監督とルーニーの関係は冷めており、今後モウリーニョ監督がルーニーを人々の批判にさらし、退団に追い込むのではないかとも予想されている。チェルシー監督時代にはルーニーの獲得を望んだモウリーニョ監督であるが、現在は自分の計画に必要不可欠の選手ではないと見切りをつけているようだ。

今後ユナイテッドにおいて、ルーニーは以前カシージャスがレアル・マドリードで被った状況を経験するのではないかと予想されている。カシージャスはマドリーのスター選手であったが、25年過ごしたクラブを裏門から去ることになった。

「ルーニーはリストにはいない、なぜなら私はその他にも多くの選手を抱えているからだ」と、モウリーニョ監督はUEFAヨーロッパリーグ、グループステージのフェイエノールト戦前のインタビューで言い放った。それ以前の連続6試合でフル出場したルーニーであるが、モウリーニョ監督はそれ以上のコメントを行わず、ルーニーの存在が必要不可欠ではないことを示した。

またワトフォード戦でユナイテッドが敗れた後のアンケートで、99%のユナイテッドのサポーターらはルーニーをレスター・シティ戦の選手リストから外すことを望んだ。

おそらくこのアンケートは、ルーニーの評判を落とすために仕組まれた巧妙な罠かもしれない。このアンケートと時を同じくして、SNSでルーニーがレスター戦に欠場するといううわさが流れた。

モウリーニョがルーニーに信頼を置いていないことはユナイテッドの幹部らに伝わった
監督はイブラヒモビッチに絶対的な信頼を置き、ルーニーが主将のポジションにいることに不快感を示している。

モウリーニョは選手を追い出すことに良心の呵責を感じない。