ジョゼ・モウリーニョはヴィカレージ・ロード(ワトフォードの本拠地)での敗戦を理由に公に自チームの選手達を非難した後、選手達との間に見えない障壁を立てた。

このポルトガル人監督がチェルシーからアドリアン・ムトゥを無礼な形で追放してから12年が経つが、彼の選手との関係性はその頃と同じパラメータを保っている。



彼はオールド・トラフォードにやって来た当初からシェバインシュタイガーを見ることすら望んでいないと警告したり、ファン・ハールから庇護を受けていたほぼ全てのカンテラーノ達を追放したりと強硬な姿勢を見せてきたとはいえ、シーズン開始からわずか1ヶ月で彼は自チームの数選手を世論にさらすなど恐怖政治をロッカールームにまで持ち込んでいる。

ムヒタリアン、リンガード、ブリント、ショー、…そしてルーニー!
モウリーニョに烙印を付けられた選手のリストは週を追って、欠点を明らかにする度に増加している。
審判が簡単なターゲットであれば、ロッカールームはスコアボードに結果が共わなかった時に指揮官が好む新たな的の中心である。

「ファーガソンは決してそのように振る舞わないだろう。」

ユナイテッドに近い人物は、ロッカールーム内部では非常に厳格なこのスコットランド人指揮官がモウリーニョのようにロッカールーム外で自分の選手達を批判するようなことはしていなかったと話した。
「ある日、ベッカムが眉に傷を負った状態で現れたが、ジャーナリスト達にファーガソンのことを悪く言っているのを誰も聞かなかった。」



またこの人物はそのようにファーガソンがベッカムの顔にスパイクを投げた時のエピソードを振り返った。
「キーンのクラブでの最後も幸せな形ではなかったが、ファギーはメディアの前で彼の名誉を傷つけるようなことはしなかった。文句一つ言わなかった。」
このように過去にあった様々なトラブルに対して、ファーガソンは決してメディアに自分の選手達をさらすような真似はしなかったと話した。



現在、一度もチャンスを与えることなく、冬の市場でフィル・ジョーンズの放出を強行するというモウリーニョの思惑が既に漏れているように、ルーク・ショーの立場も危うくなっている。

しかし、接近中の嵐は予測不可能な結果をもたらし得る。
それは他でもないウェイン・ルーニーがこのポルトガル人指揮官の標的内にいるためだ。
マンチェスター・シティとのダービーでモウリーニョが慣れないポジションでプレーすることを強いていたにも関わらず、その試合で犯したミスにより有罪判決を受けたダイリー・ブリントとルーニーが待つ未来はさほど違いはないかもしれない。

そして、キャリックはどうしたのか?
このベテランセントロカンピスタはウェストハムに復帰するためのオファーを断り、アーセナルからの誘惑の言葉にも耳を傾けなかった。
何故なら、モウが彼に契約更新のオファーを申し出たためだ。
彼は8月にコミュニティー・シールドでプレーして以来、表舞台から姿を消した。
彼のロッカールームでの強いキャラクターが監督が彼を遠ざける動機となっていることが疑われる。

これらの疑いがオールド・トラフォードの周囲で拡大する中、レアル・マドリード時代にモウリーニョとの確執で思い出されるカシージャスのケースが繰り返されても不思議ではない。