レアル・マドリード所属のフランス人FWカリム・ベンゼマは、フランス代表の元同僚のマテュー・ヴァルブエナへのセックステープによる恐喝に関与した疑いで、現在裁判過程にいる。

10月14日にベルサイユの高等裁判所において、セックステープ恐喝事件に関与したとされるカリム・ベンゼマとムスタファ・ゾウアウイ、カリム・ゼナティの控訴に対する判決が下される。

容疑者3名は警察の調査の問題点を指摘し、容疑を否定している。
水曜のビジャレアル戦に出場するベンゼマは、“恐喝への関与”と“マフィアへの協力”の罪に問われている。