メッシがまた負傷を患った。
アルゼンチン人クラックは、アトレティコ・マドリード戦で右太腿の内転筋に負傷を患い、今後約3週間治療に専念する。このことからスポルティング・ヒホン戦、セルタ戦、チャンピオンズリーグのボルシア・メンヒェングラートバッハ戦を欠場することになる。

今回の負傷はメッシが以前患った左内転筋の負傷によるものではないかという疑問が生じるが、答えはYESだ。左内転筋の痛みによりメッシは無意識のうちに右内転筋に体重をかけた結果、右内転筋に負担が及んでしまった。

今後のメッシのスケジュールはというと、数週間の間は絶対安静を必要とし、その後10日間にわたる特別トレーニングを受け、最終的には完全復帰となる。このために次のアルゼンチン代表戦の試合に参加する可能性は無くなった。今は治療に専念し、より重大な問題を未然に防ぐことが優先だ。