ルイス・エンリケ監督とアレイクス・ビダルの関係が改善される気配が無い。
監督はビダルのプレーに不満を持っており、ビダルも監督に対し不満を募らせている。

監督によって練習で右サイドバック以外のポジションに配置されたことが、ビダルの怒りを増幅させた。

練習でビダルはフォワードに置かれており、バルサBの選手ニリが右サイドバックについている。このポジションの変更が原因で、ビダルは日に日に不満を募らせている。

またビダルは3試合連続で選手リストから外されており、代わりにマスチェラーノといった選手達が右サイドバックに置かれている。

ビダルのインスタグラムにはルイス・エンリケ監督を暗に批判したものとされる、意味深なアイコン入りの写真が掲載されている。