アイスランド代表がFIFA17でワールドチャンピオンになることはないだろう。
人気ゲームからEURO 2016フランス大会で注目を集めたアイスランド代表が消える可能性が出てきた。アイスランドサッカー協会(KSI)とビデオゲーム制作会社エレクトロニック・アーツ(EA Sport)は金銭的な合意に至ることができていない。KSIは名前や代表チームの権利の使用料が十分ではないと考えている。

「我々に対する不当な扱いは受け入れない。我々は200万ISK(アイスランド・クローナ)以下のオファーを受けた。これは15,500ユーロ(約173万6,000円)であり、我々はこれを受け入れなかった。」とKSI会長のゲイル・ソルステインソンは語った。

アイスランドサッカー協会のこの判断は国内でも物議を呼んでいる。しかし、他の協会のように支払われるとは考えにくい。また、マーケティングの専門家であるアンドレス・ジョンソンのように契約に合意すべきだと考えている人達もいる。アイスランド国営放送はアイスランド代表がそのゲームの中にいれば人気はさらに大きくなると語っている。

「何億人という人がこのゲームで遊ぶ。アイスランドは慕われているチームであり、さらに注目を集めることになるだろう。」とジョンソンは語った。