本田圭佑のFCバルセロナへの移籍話に続報は無かったが、本田はバルサと会合していた。ACミランに所属する日本代表MFはカンプノウへの移籍を希望していた。バルサは懐疑的であり、選手の代理人に会い、“結構です”と伝えている。

本田はイタリアで上手くいっていない。ACミランからCSKAモスクワに移籍した後、ベストを尽くすことが出来ず、昨シーズンは全く活躍出来ていなかった。本田は今夏、出口を探していた。

ミランの立ち位置は移籍に対して容認している。本田の年俸は250万ユーロ(約2億8,000万円)であり、今の本田のパフォーマンスに対しては高額なため、クラブは退団を許している。契約金の低さはバルサに考える余地を与えたが、競技者としての理由で、バルサは本田を連れてくる者ではないと判断した。