金曜日の午後にFCバルセロナは、スペイン国家裁判所のDIS社による訴訟に対する再審の判断について公式に異議を唱えた。

FCバルセロナは「国家裁判所のこの判断は検察当局を支持するものであり、ネイマール、ネイマールの父親、サンドロ・ロゼイ、サントスCF、FCバルセロナについてのDIS社による訴訟が継続することになる。FCバルセロナはこの判断に対して異議を唱える。」と発表した。

FCバルセロナは告発された全員の身の潔白を訴え続けるとした。そして、「これまで行われてきた審議でDIS社による要求は退けられた。しかし、FCバルセロナは再び全員の身の潔白を証明するために戦わなければならない。」とも声明の中で語った。

FCバルセロナはSNS上でもこの問題について言及した。

最高裁はホセ・デ・ラ・マタ判事に、ネイマール、ネイマールの父親、サントス、サンドロ・ロゼイがネイマールの権利の40%を保有していたブラジル投資会社に対して詐欺を働いたとされる事件の再審をするように指示した。