AFA(アルゼンチンサッカー協会)はFCバルセロナに対して、代表監督エドガルド・バウサによるバルサがリオネル・メッシを十分にケアしなかったという発言に対して謝罪した。

AFAの会長アルマンド・ペレスはバルセロナにコンタクトを取り、会長ジョゼップ・マリア・バルトメウと会話し、お互いの関係を平穏なものに取り戻すという判断をした。「我々はバルセロナと良好な関係を築かなければならない。バウサには彼の発言について注意を促す。バルセロナと悪い関係になることはできない。」とペレスは語った。

バルサは「AFAはバルセロナにコンタクトを取り、レオ・メッシの怪我に関する監督の発言について謝辞を述べた。そして、バルサとAFAはルイス・エンリケが語ったようにサッカーのグローバルアンバサダーでもあるレオ・メッシの少しでも早い復帰に向け協力することで合意した。」と語った。

この会話は金曜日の夕方に行われ、マネル・アロジョが受けた。バルサはこの意思表示に対してとても感謝した。そして、両者はメッシのこの股関節の怪我に対する最善策をとるために連絡を取り合うとし、今後も世界最高のプレーヤーを守るために十分なコミュニケーションをとるという内容だった。