FCスパルタク・モスクワ所属のDFサルバトーレ・ボッケッティが、ロシアのTV番組のインタビューでU-21イタリア代表でのバロテッリの思い出を語った。

ニース所属のFWバロテッリについて、ボッケッティは次のようにコメントした。
「バロテッリは良い選手だが、頭がどうかしている、、、」

「イタリア代表戦後に監督が僕らに休みを許可した。僕らは代表のユニフォームで街に歩きに出た。バロテッリだけはジーンズに革ジャンを着ていた。」

「僕達はレストランで食事をしていたんだが、バロテッリが怒り出して、パスタの皿を仲間のマルコ・モッタに投げつけたんだ。頭がどうかしてるよ!」

リバプールとミランで結果を残せなかったバロテッリは、ニースで息を吹き返したように思われる。エキセントリックなバロテッリはゴールとアシストでニースのサポーター達を熱狂させている。