「いつの日かベンゲルの顔を殴ってやる。」モウリーニョの自伝にあるインパクトのあるセリフは人々を驚かせた。

“Daily Mail”がこの自伝の一部を公にした後、アーセン・ベンゲル監督はアーセナル対チェルシー戦前の記者会見で、モウリーニョ監督に対しコメントを行った。

ベンゲル監督は売られた喧嘩を買うどころか、気にしない体で次のように語った。
「私はサッカーに関して語る。破壊的な生き方はせずに建設的な生き方をする。明日の試合に集中しているから、この件に関してのコメントはしない。」

モウリーニョに関する著書を読んだかという問いに関しては、「私はその本を読んではいない、そして誓って言うが読むつもりもない。この件に関してコメントはできない。」と答えた。