ネイマールはヒホンの地でプレーと人間性の両面において完璧な振る舞いを披露した。
試合中、このブラジル人クラックは非常に積極的にプレーに関与し、試合終盤にはドブレーテを決めて試合を終わらせた。

しかし、彼が最高のきらめきを見せたのは試合終了のホイッスルが吹かれた後だった。
スポルティング・ヒホンの選手達と挨拶を交わした後、ネイマールはピッチを横切り、ダウン症候群を患うスポルティング・ヒホンのサポーターの1人の元に駆け寄った。
ひとたび、両者はそこで抱擁を交わすと、ネイマールは彼に自身のユニフォームをプレゼントし、そのサポーターを非常に喜ばせた。

そのサポーターにとってこの日の試合が良い思い出として記憶されることはないだろう。何故ならバルサが彼の応援するチームをはるかに上回っていたためだ。
しかし、ネイマールが彼に見せた素敵な心遣いを忘れることはないだろう。

ネイに加えて、ジェラール・ピケもモリノンのスタンドに素晴らしい対応を見せていた。彼は写真撮影を求められた全てのファン達のために時間をとった。