マドリーは勢いを失っている。
ジネディーヌ・ジダンのチームは先週水曜日、サンティアゴ・ベルナベウで行われたビジャレアル戦で連勝が16でストップした。とはいえ、チーム・ブランコはこれまで連勝を続けていたため、その勝ち点2を逃したことがチームに疑念を抱かせることはなかった。
しかし、この悪い流れはラス・パルマスで深刻化し、チームは再び引き分けに終わった。
新たに勝ち点2を取りこぼしたマドリーは最近2試合で6ポイント中わずか2ポイントの獲得にとどまっている。

このマドリーの2引き分けとバルセロナのヒホンでの勝利によって、バルセロナは既に順位表においてマドリーにわずか勝ち点1差まで近づいている。
バルサは13ポイントでマドリーが14ポイントとなっている。バルサはまだカンプノウで取り逃した5ポイントの代償を払っている。

これら最近の試合結果を見ると、リーガは非常に拮抗している。
マドリーとバルサの下にはアトレティコ、ビジャレアル、アスレティックの3チームが勝ち点1差で並んでいる。

次節、マドリーはエイバルをホームに迎え入れ、バルサはヴィーゴに向かう。
しかし、マドリーはその前にドルトムントでの非常に難しいアウェー戦を控えている。