FCバルセロナは水曜にチャンピオンズリーグ2016-17の2試合目であるボルシア・メンヒェングラートバッハ戦を戦う。
ルイス・エンリケ監督はこの一戦で、スポルティング・ヒホン戦(0-5)では出場しなかった複数の選手を起用する予定だ。

セルティック戦での圧勝(0-7)後のこのボルシア・メンヒェングラートバッハ戦は、来るペップ・グアルディオラのシティ戦前の気運を左右する重要な一戦だ。

バルサにとって唯一の代替の効かない選手はリオネル・メッシであるが、そのメッシは負傷で欠場する。シーズン開始以降、ルイス・エンリケ監督は、複数の選手のローテーションをおこなっている。

例えば、スポルティング・ヒホン戦ではジョルディ・アルバやアンドレス・イニエスタといったスタメン選手は起用されず、代わりにセルジ・ロベルトやラフィーニャ、リュカ・ディニュの力が試された。

メンヒェングラートバッハ戦では、ハビエル・マスチェラーノ、ジョルディ・アルバがジェレミー・マテューやリュカ・ディニュに代わりに起用され、セルジ・ロベルトやジェラール・ピケと共に戦うことになる。

またミッドフィールドでは、セルヒオ・ブスケツを中心に、先日のリーガを欠場したイヴァン・ラキティッチやアンドレス・イニエスタが登場する。

攻撃においては、ルイス・スアレスとネイマールを起用する他、アルダ・トゥランが右サイドで使われる可能性が高い。またレガネス戦やヒホン戦で高いパフォーマンスを発揮したラフィーニャが起用される可能性もある。

ルイス・エンリケが出場選手を決定するのは、月曜から火曜にかけてと見込まれる。欧州CLグループステージのバルサ対ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦は、9月28日(水)の現地時間20時45分にボルシア・パルクで開催される。