クリスティアーノ・ロナウドとジネディーヌ・ジダンの良好な関係は終わりを迎えている。良い流れは止まり、緊張が高まっている。

レアル・マドリードが2-1で勝ち越しているタイミングで、ジダンはクリスティアーノ・ロナウドを試合終了20分前に途中交代し、このポルトガル出身FWはそれを気に入らなかった。

クリスティアーノはボディランゲージで気持ちを表し、Madrid-Barcelona.comによると、CR7はジダンを控え室で罵倒した。

「あなたには失望した。」とCR7は言い放った。ジダンは状況を落ち着かせようとした。「落ち着け、クリス、君は休みが必要だった、ドルトムント戦では90分プレイさせる。」と監督は言った。

沈黙はセルヒオ・ラモスによって破られた。
「そんな態度を取るべきでない。」と誰にも聞く耳を貸していなかった控え室の隅にいたチームメイトに言った。

クリスティアーノ・ロナウドはキャリアで最悪のスタートを切っている。