FCバルセロナは経営モデルを強化するために一歩前進する確固たる決断を下した。

より先端的で力強く、グローバルなクラブを目指すこの変革の提唱者、会長のジョゼップ・マリア・バルトメウは19人の取締役会同様、理事会の一員となる。
最近、クラブのCEO(最高経営責任者)に任命されたのはハンドボールの元代表選手のオスカル・グラウである。

『新たなクラブはどのように機能するのか?
今週月曜日に最初の会議がスタート』

バルトメウが提案した新しいアイデアは毎週月曜日、新CEOのオスカル・グラウが5人の副会長、ジョルディ・カルドネル(Social Area)、カルレス・ビラルビ(Institutional Area)、ジョルディ・メストレ(Sports Area)、マネル・アロジョ(Márketing y Comunicación)、サスナ・モンヘ(Economic Area)と会議を開くというものだ。

この執行委員会は今週月曜日にオスカル・グラウと共に始動する。
グラウはその基準に従って、FCバルセロナの新たな経営陣の構成を規定することとなるだろう。

先週のグラウのCEO任命から今日まで彼がクラブの機能を知るためにはあまりにも時間が短いのではないかと思われるかもしれないが、この新CEOはスポーツマネジメントにおけるスペシャリストであることを考慮する必要がある。
彼はクラブに加入したユース年代からエリートスポーツマンになるまでの間、FCバルセロナのことをよく知るだけでなく、1年間FCBスクールのディレクターを務めていた。
それ故、彼はこれまで多くの会議や委員会に参加しており、2021年までクラブの非の打ちどころのない戦略計画にも精通している。

グラウは何を変えるのか?どんなニュースが登場するのか?新たな役員を雇うのか?
それら全ての疑問点やクラブ経営の多くの要素は今週月曜日の会議で分析されるだろう。