ルイス・エンリケ・マルティネスはFCバルセロナの20人の招集リストを明らかにした。
その20人のリストの最も注目すべきニュースはアレイクス・ビダルの復帰である。
最近数週間を指揮官の構想外の状態で過ごしていたビダルは今週火曜日、遠征団のリストに含まれる。

今週火曜日にミュンヘングランドバッハに向かう召集メンバーは以下の通り。
GK:
テア・シュテーゲン
シレッセン、マシップ

DF:
ピケ
マスチェラーノ
ジョルディ・アルバ
ディニュ
マテュー
セルジ・ロベルト
アレイクス・ビダル

MF:
ラキティッチ
セルヒオ・ブスケツ
デニス・スアレス
アルダ・トゥラン
イニエスタ
ラフィーニャ
アンドレ・ゴメス

FW:
ルイス・スアレス
ネイマール
パコ・アルカセル

当然、負傷中のレオ・メッシとサミュエル・ユムティティは招集リストには入っておらず、バルセロナに残ってそれぞれの怪我の回復に努める。

バルセロナはオフ明けの今週月曜日にシウダー・デポルティーバ・ジョアン・ガンペールでフィリアルの選手達数人を加えてトレーニングを再開させた。

チームは火曜日の午前中にドイツに移動し、ミュンヘングランドバッハで最後のセッションと指揮官、ルイス・エンリケと選手1人の記者会見を行う予定となっている。