ボルシア・ミュンヘングランドバッハのスポーツディレクターはマーティン・ウーデゴールの獲得に関するいかなる興味をも否定した。
会長のマックス・エベルはレアル・マドリード・カスティージャに所属するウーデゴールが彼らのプランに入っていないことを断言した。

“Sky Deutschland”のインタビューでエベルはウーデゴールの獲得の可能性を否定した。
「我々が彼に関心を抱いているというのは確かではない。彼は自身の才能を伸ばすことができるクラブを探すべきだ。現時点で我々は彼にとって良いオプションにはならないだろう。」

エベルは将来有望な若きマドリディスタの最近2年間の過ごし方を嘆いた。
「2年前、ウーデゴールはヨーロッパ中で最も注目を集める期待のホープだった。最終的に彼はレアル・マドリードを選択した。」

さらにマックス・エベルはマドリーが交わしたウーデゴールとの契約を評価した。
「現在、起きていることを見て話すのは簡単だ。良い契約ではなかった。しかし、マーティンはまだ18歳にも満たない。彼は非常に若く、成長の余地がある。」

実際、ウーデゴールは今夏の市場が開いている期間に移籍先を見つけきれず、ヨーロッパのビッグクラブの扉は引き続き閉じられたままとなっている。