アントニオ・コンテ監督のチェルシーがなかなか軌道に乗らないことから、オーナーのアブラモヴィッチはナーバスになっている。

プレミアリーグのリバプール戦とアーセナル戦での敗北が、チェルシーに警笛を鳴らしている。アブラモヴィッチ氏は既にコンテ監督に一刻も早い軌道修正を命じている。

アブラモヴィッチはアントニオ・コンテに命運を賭けたものの、僅か4名の補強選手しか得ることができず(エンゴロ・カンテ、ミシー・バチュアイ、マルコス・アロンソ)、移籍の可能性が濃厚な選手達を起用しているが、今のところ良い結果が出ていない。

4名の選手の獲得に1億4,000万ユーロ(約140億円)を費やしたアブラモヴィッチは、コンテ監督の望む選手を獲得するために、再び大金を投じようとしている。

コンテはアブラモヴィッチの決定を良いことに大型選手をねだるだろう。
アブラモヴィッチが望むのは、過去に獲得を狙ったアルバロ・モラタ、ルカク、アントワーヌ・グリーズマンといった選手達だ。

冬の移籍市場で補強選手を手に入れたチェルシーが大きく向上するのは恐らく夏だろう。
しかし補強選手を獲得するまで、コンテ監督のチェルシーは既存の選手だけで何とか持ちこたえなければならない。オスカルやネマニャ・マティッチ、ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ、セスクが期待された結果を出していない今、テリーの一刻も早い回復が期待される。