クリスティアーノ・ロナウドが再び物議を醸している。
ケイラー・ナバスのファンブルにより、オーバメヤンに1−1となる同点ゴールを決められたシーンをロナウドが非難しているシーンがカメラに捉えられた。

ハーフタイム時、ガレス・ベイルに話しかけ、1−1となるオーバメヤンのゴールでのGKケイラー・ナバスのパフォーマンスを批判している。“El Chiringuito”のカメラが捉えた映像にはクリスティアーノ・ロナウドがボールを止めるジェスチャーをしているが、ケイラー・ナバスが1−1の同点にされたシーンでしなかったセーブの方法である。

ゲレイロのFKをナバスがキャッチするのではなく弾くと、このボールがヴァラ―ヌにあたり、ゴール方向にこぼれオーバメヤンが押し込んだ。

クリスティアーノ・ロナウドがベイルに話しかけているシーンを見ると、ケイラーはボールを弾くのではなく、キャッチするべきだったと非難しているように見受けられる。

火曜日の試合で先制点は決めたものの、ロナウドのシーズン序盤のパフォーマンスは改善が要求されなかで、このようなロナウドのおごりには驚かされる。