クリスティアーノ・ロナウドは週末のリーガ第6節のUDラス・パルマス戦で途中交代を命じられた際、明らかに不快感を示しながらピッチを後にした。
彼はルーカス・バスケスと交代した後、ジダンが差し伸べた手には応えたものの、指揮官の方を見ることなくベンチに向かった。

そして、感情の赴くままに「畜生!」や「クソ野郎」という意味に当たる言葉を連発した。
クリスティアーノはベンチに座ってからも怒りが収まらず、その様子を全てカメラに収められていた。

試合は彼の交代後に同点ゴールを許し、引き分けに終わった。
その時の彼の気持ちは「それ、見たことか。俺を替えたからだ。」くらいに思っていたかもしれない。
しかし冷静になった現在、彼は自分と同じようにジダンに暴言を吐いた元イタリア代表選手、マテラッツィの結末を思い出して、このように考えているかもしれない。

「少し、落ち着こう…さもなくば、マテラッツィと同じことになる。」と。