FCバルセロナは今週水曜日、アウェーの地での初勝利を目指してチャンピオンズリーグ第2節を迎える。
リーガの前節、スポルティング・ヒホン戦で示したようにレオ・メッシの不在をなるべく感じさせないようにチームが機能するかを確認する必要がある。

チーム・ブラウグラナはボルシア・メンヒェングランドバッハと対戦する。
ボルシアMGは今大会の開幕節にアウェーでマンチェスター・シティと対戦し、0-4の大敗という良くないスタートを切った。
しかし現在、彼らはホームのボルシア・パークでは1月26日から負け知らずという記録も備えている。

アンドレ・シューベルト率いるチームは公式戦ホーム11連勝中であり、バルセロナにとっても簡単な試合にはならないだろう。
ボルシアMGは多くの欠場者(アルバロ・ドミンゲス、ドゥクール、ストロブル、ドルミッチ)を抱えて、この試合を迎えるが、指揮官はこのように話している。
「我々はワールドクラスのチームと対戦するということを自覚している。それは非常に重要である。」
シューベルトはメッシの不在が彼のチームを有利にすることはないと考えている。

一方、第1節のセルティック戦でエキシビションを披露したルイス・エンリケはアウェーで最初の勝ち点3獲得を目標にこの試合に臨む。
ルイス・エンリケはヒホンで休ませたレギュラー陣(マスチェラーノ、ジョルディ・アルバ、イニエスタ、ラキティッチ)を取り戻すだろう。

予想が難しいのは誰がメッシのポジション、右ウイングに入るかである。
その候補としてはラフィーニャとアルダ・トゥランが挙げられる。

両チームの先発予想は以下の通り。
■ボルシアMG
GK
ゾマー

DF
エルベディ
クリステンセン
ヤンシュケ

MF
ヤンシュケ
ダフード
クラマー
ヴェント

FW
アザール
スティンドル
ラファエル

■FCバルセロナ
GK
テア・シュテーゲン

DF
セルジ・ロベルト
ピケ
マスチェラーノ
ジョルディ・アルバ

MF
ラキティッチ
ブスケツ
イニエスタ

FW
ラフィーニャ
ルイス・スアレス
ネイマール