CLグループC、ボルシアMG対FCバルセロナの一戦が9月28日20:45(日本時間29日3:45)にキックオフを迎えた。バルサが先制を許したものの、1-2で逆転勝利を収めている。
ボルシアMGは今回の敗北で1月26日から続いていた公式戦ホーム11連勝という記録が途絶えてしまった。
次回のCLグループステージ第3節で、バルサは10月19日にマンチェスター・シティと対戦する。

試合はバルサが先制を許す展開に。ハーフタイムまでボルシアMGは勝利を本気で信じていただろう。しかし、後半にラフィーニャとアルダ・トゥランの投入でバルサが良い流れを作り、後半19分にアルダ・トゥランが同点弾、そして後半28分にピケの勝ち越しゴールでバルサが勝利を収める結果となった。

【試合詳細】
前半6分、ネイマールがこの試合最初のバルサのシュート。

前半11分、スアレスが体でボールを落とし見事なタッチを見せるが、枠を外す。

前半22分、ラキティッチのシュートをゾマーが見事にセーブ。

前半32分、ボルシアMGが先制。ブスケツが中盤でボールを失うとダフードがそれをアザールに送り、先制ゴール。(1-0)

前半37分、スアレスがラキティッチのパスからシュートを放つも、ゴールならず。

試合は1-0でボルシアMGリードでハーフタイムへ。ハーフタイムでの選手交代は両チーム無し。

後半3分、ボルシアMGが選手交代。ラファエウに代えてジョンソンを投入。

後半6分、バルサが選手交代。パコ・アルカセルに代えてラフィーニャを投入。

後半12分、バルサが再び選手交代。ラキティッチに代えてアルダ・トゥランを投入。

後半15分、マスチェラーノにイエローカード。

後半19分、バルサが同点に追いつく。ネイマールのパスからアルダ・トゥランが右足でネットに強烈なシュートを突き刺した。(1-1)

後半23分、ピケにイエローカード。

後半28分、バルサが勝ち越し。CKをネイマールが蹴り、スアレスがシュート。GKがこぼしたところをピケが詰めて逆転に成功。(1-2)

後半31分、アルダ・トゥランがナイスシュート。ゾマーが防ぐ。

後半34分、ボルシアMGが選手交代。アザールに代えてヘルマンを投入。

後半38分、ボルシアMGが再び選手交代。スティンドルに代えてハーンを投入。

後半アディショナルタイム、ネイマールにイエローカード。

バルサが敵地で1-2と逆転勝利を収めた。

【先発出場】
■ボルシアMG
GK
ゾマー

DF
ヴェント
エルベディ
クリステンセン
コルブ

MF
ダフード
クラマー
アザール
スティンドル
トラオレ

FW
ラファエウ

■FCバルセロナ
GK
テア・シュテーゲン

DF
セルジ・ロベルト
ピケ
マスチェラーノ
ジョルディ・アルバ

MF
ラキティッチ
ブスケツ
イニエスタ

FW
パコ・アルカセル
ルイス・スアレス
ネイマール