アルバロ・アルベロアは今シーズンからイングランドサッカー界で新たな冒険をスタートさせたが、幸先の良いスタートをとはならなかった。

この元マドリディスタは25日のサウサンプトン戦でウェストハムでのデビューを飾ったが、彼のチームはホームで0-3の大敗を喫した。

“The Sun”紙の報道によると、アルベロアを含むウェストハムの選手達の多くがパーティーにくり出すことで悲しみを紛らわすことを決めた。
その内の数人は深夜遅くまで帰路につくことはなかった。

このパーティーの偉大な主役はもちろん、ストライカーのアンディ・キャロルだった。
彼は午前7時にチームメイトのアーロン・クレスウェルとマクドナルドから出てくるところを数人のカメラマンにキャッチされた。

確かなのは日曜日の屈辱的な大敗だけでなく、降格圏内に沈むチームのシーズン序盤の戦いぶりを見てきた“ハマーズ”のサポーター達にとって、この思いつきはお気に召すものではないということである。