メンヒェングラートバッハ戦でジェラール・ピケのハンドが見逃されなければ、FCバルセロナにとってより苦しい試合になったかもしれない。

今週水曜にチャンピオンズリーグのボルシア・メンヒェングラートバッハ対FCバルセロナ戦がキックオフを迎えた。
試合開始直後にバルサにとって不利な事態を引き起こしかねない状況が発生した。
メンヒェングラートバッハが放ったボールがジェラール・ピケの腕に当たったのだ。

ピケはテア・シュテーゲンの守るエリア内に居た。そのために主審ノスコミナはピケのハンドをPK判定することができた。バルサはPKで危うく失点する危険を免れたと言うわけだ。

メンヒェングラートバッハの選手達は、スコミナの判定に抗議したが、スコミナ主審はPK判定という重いペナルティを科すことはしなかった。